現物受け渡し、権利行使、コーポレートアクションについて

オプション権利行使


オプションの権利行使は、オプション権利保有者が原資産証券の買い(コールオプション)もしくは売り(プットオプション)の権利を実行にすることにより発生します。オプションはオプションの権利行使画面(取引プラットフォーム内の取引メニューよりアクセス可能)から権利行使が可能です。

注意:オプションの権利行使および権利失効は取り消し不可です。

満期によるオプションおよび先物オプションの引き渡しを避けるためには、最終取引日の終了前にポジションのロール・フォーワード(期近ポジションを閉じて期先ポジションを建てること)、もしくはクローズをする必要があります。

オプション権利行使およびオプション権利失効リクエスト(オプション権利行使の画面、またはアカウント・マネジメントのメッセージセンターに送られたチケットを通じて受領したもの 1)の提出については以下の通りです:


株式オプション取引場所: ブローカー権利行使リクエスト受取期限:
北米 米国オプション取引所 米国東部標準時16:30
モントリオール取引所 米国東部標準時16:30
ヨーロッパ Euronext 中央ヨーロッパ標準時18:00
Eurex (ドイツおよびスイス) 中央ヨーロッパ標準時18:00
IDEM 中央ヨーロッパ標準時18:00
LIFFE 中央ヨーロッパ標準時18:00
MEFF 中央ヨーロッパ標準時18:00
スウェーデン 中央ヨーロッパ標準時18:00
アジア・パシフィック オーストラリア 17:15 オーストラリア/ニューサウスウェールズ
日本 日本標準時15:40
(チケットを送信していただくか、お電話にてカスタマーサービスまでご連絡ください)

注意点:

OEXといった一部の商品につきましては、上場取引所により定められている通り、通常よりも早く締め切られる点に十分ご注意ください。このような商品の権利行使のリクエストは、ブローカーによる取引所へのタイムリーな通告を確実に行うため、取引所が定める期限よりも前に提出していただく必要がございます。



先物オプション取引場所 早期権利行使
ブローカー権利行使リクエスト受取期限:
北米 NYMEX なし 米国東部標準時15:30
北米 GLOBEX/ECBOT なし 米国東部標準時16:30
日本 TSEJ あり 日本標準時15:30
(チケットを送信していただくか、お電話にてカスタマーサービスまでご連絡ください)


満期における権利行使およびアクティビティ通知

ブローカーは権利行使、割り当て、引き渡し、もしくはその他の過剰なリスク、またはオペレーショナルリスクがあると判断した決済影響をサポートしておりません。満期を迎えた時点でこのような状況を回避するため、ブローカーは妥当な原資産価格シナリオの想定と、決済後の各口座のエクスポージャーの査定を行うことによって、満期による営業をシミュレーションします。見込まれた決済の影響のためにブローカーの証拠金比率を下回ると測定された口座は、ブローカーによる保護措置の対象となります。保護措置には最終取引日の満期ポジションの清算、ロングポジションのインザマネー・オプションの失効(権利行使不可)、オプションの最終取引日、もしくは取引後に引き渡しの対象となる原資産ポジションの即時清算、満期後の証拠金不足を解消するために必要なポジション清算、口座のクロージング取引の制限が含まれます。

引き渡し制限についての詳細情報および具体例についてはこちらをクリックしてください。



満期を迎えるオプションの権利行使方法

オプション権利行使ウィンドウを使用し、(i)満期前にオプションの権利行使を行う、もしくは(ii)保有しているオプションの「反対意思(contrary intentions)」をクリアリング機関に明示してください。例:米国オプション取引所にて取引されるオプションにはOptions Clearing Corporation (OCC)。クリアリング機関の通常のポリシーに反してオプションの権利行使をマニュアルで行う場合には、TWSのオプション権利行使ウィンドウからも指示を行って頂く必要があります(米国オプションは満期金曜日が取引期限です)。TWSのオプション権利行使ウィンドウよりマニュアルでオプションの権利行使の操作指示が出されなかった場合には、クリアリング機関は以下の記載の通り自動的に権利行使を行います。



OCC(米国)
米国取引所にてオプション取引が行われ、オプション清算会社(OCC)にて清算されるもの:
  • 当月に満了を迎える株式オプション(インザマネー:$0.01もしくはそれ以上)は、OCCにより自動的に権利行使がなされ、ブローカーからの明確な指示を必要としません。
  • 当月に満了を迎えるインデックス・オプション(インザマネー:$0.01 もしくはそれ以上)は、OCCにより自動的に権利行使がなされ、ブローカーからの明確な指示を必要としません。

お客様がご希望の場合、ブローカーはオプション権利行使ウィンドウより、お客様から「権利行使に対する反対意思(contrary intentions)」を受け取る必要があります:

  • 株式オプションもしくはインデックス・オプションの権利行使を行わない場合(インザマネー: $0.01もしくはそれ以上)。
  • 株式オプションまたはインデックス・オプションの権利行使を行う場合(インザマネー: $0.01未満の場合)。
  • 株式オプションまたはインデックス・オプションの権利行使を行う場合(アウトオブザマネーの場合)。


CDCC(カナダ)
カナダ取引所にてオプション取引が行われ、 カナディアン・デリバティブス・クリアリング・コーポレーション(CDCC)にて清算されるもの:
  • 当月に満了を迎える株式オプション(インザマネー:$0.01 CAD もしくはそれ以上)は、CDCCにより自動的に権利行使がなされ、お客様からの明確な指示を必要としません。
  • 当月に満了を迎えるすべてのインデックスオプション(インザマネー)は、CDCCにより自動的に権利行使がなされお客様からの明確な指示を必要としません。

お客様がご希望の場合CDCCでは、オプション権利行使ウィンドウを通じて、「権利行使に対する反対意思(Contrary intentions)」を受け取る必要があります:

  • 株式オプションの権利行使を行う場合(インザマネー:$ 0.01 CAD未満の場合)。
  • 株式オプションまたはインデックス・オプションの権利行使を行う場合(アウトオブザマネーの場合)。
  • 株式オプションの権利行使を行わない旨をCDCCに通知する場合(インザマネー:$0.01 CADもしくはそれ以上)。


ECC(ドイツ、 スイス)
EUREX において株式オプション取引が行われ、EUREX CLEARING AG(ECC))にて清算されるもの:
  • 当月に満了を迎える株式オプション(インザマネー:10 bpsまたはそれ以上)は、ECCにより自動的に権利行使がなされ、ブローカーからの明確な指示を必要としません。
  • 当月に満了を迎えるインデックス・オプション(インザマネー:0.01またはそれ以上)は、ECCにより自動的に権利行使がなされ、ブローカーからの明確な指示を必要としません。

お客様がご希望の場合、ECCではオプション権利行使ウィンドウを通じて、「権利行使に対する反対意思(contrary intentions)」を受け取る必要があります:

  • 株式オプションの権利行使を行う場合(インザマネー:10 bps またはそれを下回る場合)。
  • 株式オプションまたはインデックス・オプションの権利行使を行う場合(アウトオブザマネーの場合)。


LCH(英国)
LIFFE において株式オプション取引が行われ、ロンドン・クリアリング・ハウス(LCH)にて清算されるもの:
  • 当月に満了を迎える株式オプション(インザマネー:1ペンス超)は、LCHにより自動的に権利行使がなされ、ブローカーからの明確な指示を必要としません。
  • 当月に満了を迎える株式オプション(インザマネー:1ペンス超)は、LCHにより自動的に権利行使がなされ、ブローカーからの明確な指示を必要としません。

お客様がご希望の場合、LCH では、オプション権利行使ウィンドウを通じて、「権利行使に対する反対意思(contrary intentions)」を受け取る必要があります:

  • 株式オプションの権利行使を行う場合(インザマネー:1ペンスまたはそれを下回る場合)。
  • 株式オプションまたはインデックス・オプションの権利行使を行う場合(アウトオブザマネーの場合)。


CNET(ベルギー、 フランス、ドイツ、 オランダ)
EURONEXTにおいて株式オプション取引が行われ、クリアネットSA(CNET)にて清算されるもの:
  • 当月に満了を迎える株式オプション(インザマネー: 0.01超)は、CNETにより自動的に権利行使がなされ、ブローカーもしくはそのお客様からの明確な指示を必要としません。
  • 当月に満了を迎えるインデックス・オプション(インザマネー: 0.01超)は、CNETにより自動的に権利行使がなされ、ブローカーもしくはそのお客様からの明確な指示を必要としません。


SEOCH(香港)
SEHK場において株式オプション取引が行われ、SEHKのクリアリング・ハウス(SEOCH)にて清算されるもの:
  • 当月に満了を迎える株式オプション(インザマネー:1.5%もしくはそれ以上)は、SEOCHにより自動的に権利行使がなされ、ブローカーからの明確な指示を必要としません。

お客様がご希望の場合、SEOCHでは、オプション権利行使ウィンドウを通じて、「権利行使に対する反対意思(Contrary intentions)」を受け取る必要があります:

  • 株式オプションの権利行使を行う場合(インザマネー:$ 1.5%未満の場合)。
  • 株式オプションの権利行使を行う場合(アウトオブザマネー)。
開示
  • 「権利行使に対する反対意思(contrary intentions)」の指示は最善努力原則で行われます。
  1. オプションの権利行使が取引プラットフォームを通して行われなかった場合、すべての関連項目を含めたオプションの権利行使に係るリクエストは(オプションのシンボル、口座番号および正確な数量)、アカウント・マネジメントよりチケットにてお送り頂く必要があります。アカウント・マネジメント(Account Management)画面から、「Inquiry/Problem Ticket」をクリックしていただくことでこの操作が可能です。チケットの件名には「オプション権利行使のリクエスト(Option Exercise Request)」といった文字が含まれる必要があります。連絡番号および、オプション権利行使画面(TWS Option Exercise window)がご利用不能である理由をチケット上に明記してください。