ブローカー顧客マークアップ



自動請求や自由自在な手数料マークアップ、またマークアップ金利やマークダウン金利はすべて、 ブローカー/ディーラーおよび紹介ブローカーのための完全ソリューションです。


マークアップ手数料

各資産クラス(株式やオプションなど)や取引所、また通貨の取引ユニットごとのマークアップにあわせ、ブローカーはクライアントにサービス手数料の請求をすることができます(1)。取引ユニットは弊社が手数料請求の際に使用するユニットによって決定され、一株あたり、取引一枚あたり、または取引価値の割合ベースになります。

アカウント・マネジメントのクライアント手数料ページよりマークアップ手数料の指定がすべてできます。


クライアント手数料のテンプレート

クライアント手数料体系は口座ごと個別に適用するか、テンプレートに保存することができます。ブローカーはひとつ以上のクライアント口座に対する手数料を設定することもできれば、テンプレートにクライアント手数料を設定した上でクライアント口座に割り当てることができます。クライアント手数料テンプレートを使用すると各クライアントの手数料が簡単に管理できます。

新規のブローカーのお客様(IB口座を開設されたばかりのお客様)は、デフォルトとして白紙のクライアント手数料テンプレートをご利用いただき、ご自身の料金体系を設定することができます。既存のブローカーのお客様には、すでに設定されているグローバル手数料が、デフォルトのクライアント手数料テンプレートになります。デフォルトのテンプレートは修正できますが、削除することはできません。

ブローカー・クライアント手数料に関する規則

ブローカー・クライアント手数料には以下の一般規則が適用されます:

  • 個人口座に対しブローカーが手数料スケジュールを作成していない場合、この口座にはデフォルトのクライアント手数料テンプレートが自動的に適用されます。
  • ブローカーが個人口座に対し手数料体系をまったく作成しておらず、クライアント手数料テンプレートや手数料体系がない場合には、弊社の標準手数料が請求されることになり、ブローカーに対するマークアップは発生しません。
  • ブローカー・クライアント手数料はインタラクティブ・ブローカーズ標準手数料の15倍までに制限されています。ブローカーが弊社標準手数料の15倍を上回るマークアップを指定した場合、弊社では15倍以上の額の15分の1を受け取ります。
  • クライアントが電話にて取引のクローズを弊社にリクエストした場合、取引ごとの手数料は発生しません。
  • ブローカーはまた特定の商品および取引所に対して取引ごとの手数料を設定することができます。
  • Fully disclosedおよびNon-disclosedブローカーに借りとなっているすべての手数料およびマークアップは、マスター口座に先ず送られた上で、ブローカーディーラーのプロップ口座に移されます。
  • ブローカーがクライアントへの手数料を設定する際、これが単一または複数のクライアント、またはクライアント手数料のテンプレートの場合でも、3つの料金体系より選ぶことができます: マークアップなしのTiered(変動型)料金体系、マークアップ付きのTiered(変動型)料金体系、またはマークアップなしのFixed(固定型)料金体系です。

ブローカー・クライアント手数料の種類

各資産クラス/通貨に対し、ブローカーは下記にリストされる取引ごとのクライアント・マークアップの種類より、ひとつ選択することができます。マークアップの種類は各資産クラス/通貨に対してひとつです:


ブローカーは取引ごとに最低額を指定することができます。最低額は以下の上限を超えることはできません:

通貨 USD EUR CHF GBP CAD JPY HKD SEK MXN KRW AUD
取引ごとの最低手数料に対する上限 25 20 30 15 30 2500 160 175 250 20000 30

取引ごとの最低額およびチケット・チャージの両方を入力することはできません。入力はふたつのうちのいずれかになります。

取引例

例えばクライアントの個人口座の株式カナダドル建て株式に対し、ブローカーが1を最低額のコラムに入力します。このクライアントのカナダドル建て株式に対する最低ブローカー・クライアント手数料は1.00になります。ブローカーは通常、特定の資産クラス/通貨に対し、その他のクライアント・マークアップと併せて最低額を設定します。

ブローカーは取引ごとに最大額を指定することができます。ブローカーはまたアカウント・マネジメントのクライアント手数料ページにある最大額の入力欄の下にあるチェックボックスにチェックを入れることにより、米ドルやカナダドル建ての株式の取引価値の割合としての最大額を設定することもできます。

取引例

例えばクライアントの個人口座のカナダドル建て株式に対し、ブローカーが5最大額のコラムに入力します。このクライアントのカナダドル建て株式に対する最低ブローカー・クライアント手数料は5.00になります。ブローカーは通常、特定の資産クラス/通貨に対し、その他のクライアント・マークアップと併せて最大額を設定します。

別の例ではクライアントの個人口座のカナダドル建て株式に対し、ブローカーが1最大額のコラムに入力した上で、最大額欄の下のチェックボックスにチェックを入れて、この最大額がカナダドル建て株式の取引価値の割合として計算されるように設定します。このクライアントのカナダドル建て株式に対する最大ブローカー・クライアント手数料は、この株式取引の価値の1%になります。

ブローカーは取引ごとにチケットチャージを指定することができます。これは固定額の追加のチャージです。ひとつの資産クラス/通貨に対し、最低額およびチケットチャージの両方を指定することはできません。

取引例

例えば個人のクライアントのスイスフラン建ての株式に対し、ブローカーが25マークアップ%のコラムに入力し、 この後 1チケット請求のコラムに入力します。このクライアントのスイスフラン建ての株式取引に対するマークアップは、インタラクティブ・ブローカーズ手数料の25% + 1CFHになります。

独立マークアップ

ブローカーは取引ごとに個別のマークアップを請求することができます。独立マークアップは特定の額として、インタラクティブ・ブローカーズ手数料に追加されます。独立マークアップの入力は通貨、または資産クラスとの交換で行われます。アカウント・マネジメントのクライアント手数料ページの通貨/取引所/商品ユニットコラムにリストされているユニットには、株式、コントラクトまたは想定元本の割合として独立マークアップの適用があるかが表示されます。独立マークアップの額は小数点第3位まで含めることができます。

取引例

例えばブローカーが米ドル建ての株式および指数オプションの独立マークアップとして1を入力し、後ほどIBスマートのオプション・コントラクトが約定します。クライアントには$2$1 IB手数料 + $1独立マークアップ)が請求されます。

変動型(Tiered)の固定額

ブローカーが固定額を請求し、IB手数料がここから差し引かれます。取引量に基づいて3段階までの固定額の設定が可能です。クライアント手数料以上の請求を弊社が行うこともありますので、ブローカーのお客さまはクライアント手数料のモニターを行ってください。

固定額の設定には1から3までの手数料(手数料#1、手数料#2、手数量#3)および取引量(Vol#1、Vol#2)を取引ベースで、アカウント・マネジメントのクライアント手数料のページに入力します。通貨/取引所/商品ユニットコラムにリストされているユニットには、株式、コントラクトまたは割合として固定額の適用があるかが表示されます。固定額は小数点第3位まで含めることができます。

取引例

例えば、0.05 USDを500株まで、0.03 USDを1,000株まで、および 0.002 USDを1,000株以上に、1 USDのチケットチャージと合わせて請求したいとします。

クライアント独立変動型(Tiered)手数料は、インタラクティブ・ブローカーズ変動型(Tierer)手数料とは異なるものです。これはIB変動型手数料と組み合わせることができます。

ブローカーは取引ごとにインタラクティブ・ブローカーズの標準手数料の割合を指定することができます。マークアップ%は小数点を抜かしてパーセントで入力してください。

取引例

例えば個人クライアントのユーロ建て株式に対し、ブローカーが100マークアップ%のコラムに入力します。これはこのクライアントの株式取引に対し、IB手数料の100%のブローカー・マークアップが含まれることを意味します。株式取引に対し、弊社が10ユーロ請求した場合、マークアップ%は10ユーロ(100% * 20ユーロ)になります。この株式取引に対し、クライアントへの請求は20ユーロ(10ユーロのIB手数料 + 10ユーロのマークアップ%)になります。

ブローカーは独立した費用に加え、取引所&規制手数料オプションを選択して取引所や規制手数料を顧客にパススルーすることができます。これら手数料は絶対額が設定されるまで入力できません。ブローカーはまた特定の商品および取引所に対し、変動型手数料体系および取引所&規制手数料を指定することができます。

取引例

例えば、1,000株 @ 1株あたり$.05 + 取引所手数料の1株あたり $.003 = (1,000 * .05) + (1,000 * $.003) = $53.00の合計手数料チャージ。

ブローカーは特定の通貨/商品ユニットで行われる重要な取引に対し、マークアップの請求ができます。この項目は弊社のプライム機関サービスを購読するクライアントが最低一人いるブローカーのお客様に表示されます。

取引例

例えばIBプライムサービスを利用する個人クライアントに対し、テイクアップ項目内の米国株用チケット請求欄に5を入力します。この顧客の米ドルによる株式取引に対するブローカーマークアップは$5.00になります。

マークアップ・サマリー

ブローカーのお客様はアカウント・マネジメントのマークアップ・サマリーページより、手数料マークアップ・スケジュールを確認することができます。マークアップ・サマリーは情報を手数料体系ごとに分類し、一般的なマークアップ体系を利用するクライアントの口座をまとめて表示します

取引アロケーション最低手数料

ブローカーがクライアントに分配する米国株式取引には最低手数料がかかります。ブローカーはアロケーション最低手数料を、マスター口座またはクライアント口座のどちらの負担にするか選択することができます。デフォルトのアロケーション最低手数料は、クライアントとブローカー間に特別な事前調整がない限り、クライアント口座に課せられます。

各取引アロケーションに対する最低手数料は以下のようになります:

  • Fixed Rate(固定型)最低手数料: 最低(取引価値* 0.0005、USD 1)
  • Tiered(変動型)最低手数料: 最低(取引価値 * 0.0005、USD 0.35)

マークアップ金利およびマークダウン金利

ブローカーは空売り利益によるプラス残高への金利をマークダウンし、マイナス残高に対する金利はマークアップすることができます。マークアップやマークダウンは下記の欄に%sとして入力します:

  • Pay Client No Credit Interest - このボックスにチェックが入ると、 空売り利益やその他すべてのプラス残高に対する金利はブローカーに支払われ、クライアントには支払われません。
  • クレジット・マークダウン - プラス残高に対する金利からある割合が差し引かれ、ブローカーに支払われます。マイナスの金利はクライアントに請求されないため、マークダウンが現在のプラス残高に対する金利率よりも高い場合、金利の支払いはありません。
  • デビット・マークアップ - マイナス残高に対する金利にある割合が追加されます。最大マークアップは5%となり、1%以上に対し、弊社で>デビット金利マークアップの25%を請求致します。
  • 空売りによるマークダウン - クレジット・マークダウンのように機能します。空売り利益によるプラス残に対する金利からある割合が差し引かれ、ブローカーに支払われます。
  • ショートCFDクレジット・マークダウン - ショートCFD利益によるプラス残高に対する金利からある割合が差し引かれ、ブローカーに支払われます。
  • ロングCFDデビット・マークアップ - ロングCFDによるマイナス残高に対する金利にある割合が追加されます。
  • ショート指数CFDクレジット・マークダウン - ショート指数CFD利益によるプラス残高に対する金利からある割合が差し引かれ、ブローカーに支払われます。
  • ロング指数CFDデビット・マークアップ - ロング指数CFDによるマイナス残高に対する金利にある割合が追加されます。

借入手数料マークアップ

ブローカーは弊社の変動型または固定型のレートとして入力する株式借入レートに基いて、クライアントにマークアップの請求をすることができます。両タイプのマークアップをご入力ください。合計金額が大きくなるマークアップ率を、弊社のシステムが適用します。

  • 変動型の借入手数料マークアップ - こちらは弊社借入レートの変動率になります。クライアントへの合計費用は以下のように計算されます:
    借入レート(1 + 変動型マークアップ率)
    入力が可能な値の範囲は0 - 25%です。
  • 固定型の借入手数料マークアップ - こちらは弊社借入レートの固定率になります。クライアントへの合計費用は以下のように計算されます:
    借入レート + 固定型マークアップ率
    入力が可能な値の範囲は0 - 1%です。

取引例

シンボルABC借入レート = 35%
変動型借入マークアップ = 20%
固定型借入マークアップ = 1%

クライアントへの費用合計を計算するにあたって、以下のようになります:

変動型マークアップ

35% (1 + 20%) = 42% クライアントへの費用合計
または
0.35 (1.2) = 0.42

固定マークアップ

35% + 1% = 36%
または
0.35 + 0.01 = 0.36

弊社のシステムは合計額の大きい方を適用するため、この例では変動型借入マークアップを適用し、弊社の借入レートおよびお客様の借入マークアップを含める42%が、クライアントの合計費用となります。

注意: ークアップ金利およびマークダウン金利は小数点第2位で繰り上げられます。

電子請求書

Fully-disclosed brokersのお客様はアカウントマネジメントの、 顧客管理 > 費用メニューとお進みいただき、請求書のページから、電子インボイスの設定と提出ができます。クライアント口座へ手数料の請求をする前に、請求書のページより、口座に対する月次/3ヵ月ごとの自動請求を設定する必要があります。月次または3ヵ月ごとのマークアップ限度額を設定してマークアップを算出した上で、この限度額まで各クライアントにいつでも電子請求を提出することができます。請求額はクライアント口座よりブローカー口座に自動的に転送されます。米国東部標準時間で午後5:30(17:30)までに提出された請求は同日に処理され(米国夜間)、この日のステートメントに反映されます。米国東部標準時間で午後5:30(17:30)以降に提出された請求は、翌日営業日に弊社が処理を行います。請求書の提出は一度にクライアント10名分まで可能ですが、ひとつのクライアント口座に対しては一日にひとつの請求のみ可能です。

また複数クライアントの請求を含める.csv (comma-separated values)ファイルのアップロードも可能です。 .csvファイルには以下の欄を含める必要があります:

  • クライアント口座番号
  • 金額(クライアント口座の基準通貨にて)
  • メモ(任意の欄)

米国東部標準時間で午後5:30(17:30)以降に提出された請求は、翌日営業日に弊社が処理を行います。請求書の提出は一度にクライアント10名分まで可能ですが、ひとつのクライアント口座に対しては一日にひとつの請求のみ可能です。

上限および制限

ブローカー・クライアント手数料はインタラクティブ・ブローカーズ標準手数料の45倍までに制限されています。クライアントが電話にて取引のクローズをリクエストした場合、取引ごとの手数料は発生しません。米ドル建て債券のマークアップには追加の制限があります。米国債券は異なるマークアップ上限の対象となります。マークアップは弊社の標準手数料の15倍、取引価値の1.6%を上限とします。

手数料はお客様の口座に請求されます。

ブローカー手数料の調整

各資産クラス(株式やオプションなど)や取引所、また通貨の取引ユニットごとのマークアップにあわせ、紹介ブローカーはクライアントにサービス手数料の請求をすることができます。
取引ユニットは弊社が手数料請求の際に使用するユニットによって決定され、一株あたり、取引一枚あたり、または取引価値の割合ベースになります。紹介ブローカーは空売り利益によるプラス残高への金利をマークダウンし、マイナス残高および株式借入レートに対する金利はマークアップすることができます。弊社ではお客様のブローカーから提供される選択に基いて紹介ブローカー費用の計算を行い、お客様の口座よりお引き落とし致します。紹介ブローカーによって選択された上でお客様の口座に適用される費用調整の詳細は、ブローカーから入手が可能です。手数料の合計額はアカウント・マネージメントよりご確認ください。