インタラクティブ・ブローカーズ・グループについて



Thomas Peterffy, Chairman

2012年1月1日

インタラクティブ・ブローカーズ・グループ株式会社 は、ブローカーディーラーとして創立35年が経ちました。連結ベースでの自己資本額は46億ドル以上となりましたが、弊社の使命は依然として変わりません。

「テクノロジーを作り上げることで好条件での流動性を提供し、プライス、スピード、規模、国際的な商品の多様性と高度なトレーディングツールにより競争力を高めること」

格付け情報については、インタラクティブ・ブローカーズ・グループLLC(IBG LLC)の格付け情報を( S&Pより投資適格を付与 )、また、財務情報についてはこちらをクリックしてください。.

また、弊社のブローカーであるIB LLCのS&P格付け(A-)をご覧になるには、こちらをご覧ください。.


インタラクティブ・ブローカーズ・グループ株式会社(Interactive Brokers Group, Inc.)は、会長兼CEOのThomas Peterffy(トーマス・ピタフィ)により創設されました。米国内で35年以上にわたり成長し続け自己資本は40億米ドルを超えており、税引前特別配当額は約10億米ドルと米国屈指の証券会社となりました。

インタラクティブ・ブローカーズ(Interactive Brokers)は世界各国90以上のマーケットで、ブローカーディーラー業務および自己勘定取引を行っています。ブローカーディーラー部門では、オンライン上で直接アクセス可能な取引執行と決済サービスを機関投資家やプロのトレーダー向けに提供しており、世界中の株式、オプション、先物、為替、債券、CFD、ファンドを含む多種にわたる電子取引が可能となっています。自己勘定取引ビジネス部門では、約6,500もの電子取引商品のマーケット・メイクを行っています。インタラクティブ・ブローカーズ・グループと同社の系列会社は、1日あたり約1,000,000の取引を行っています。

インタラクティブ・ブローカーズ(Interactive Brokers)の本社はコネティカット州のグリニッチにあり、米国、スイス、カナダ、香港、英国、オーストラリア、ハンガリー、ロシア、インド、中国、エストニアの各国にオフィスを構え、従業員数は約850人となっております。また、IBは米証券取引委員会(SEC)、金融取引業規制機構(FINRA)、ニューヨーク証券取引所(NYSE)、英証券先物監督機構(SFA)やその他世界各国の規制当局の監督下におかれています。



IBグループの歴史

1977年
  • インタラクティブ・ブローカーズ・グループ(Interactive Brokers Group)会長であるトーマス・ピタフィ(Thomas Peterffy)がアメリカン証券取引所(AMEX)の会員権を取得し、株式オプションにおいて個人値付け業者として取引を行う会員となる。
1978年
  • 取引活動を拡大する目的で、T.P.&Co.が549番のバッジ番号のもとで結成される。コンピューターを用いたフェアバリュー・シート作成(日次ベース)を行ったのは当社がはじめて。
1979年
  • T.P.&Co.の従業員が4人に拡大(3人はAMEXの会員)。
1980年
  • オペレーション業務のリストラ計画と、複数の株価のアノマリーを同時に見つけるためのプランを作成。
1981年
  • 潜在的なデルタ・ニュートラルなトレードペアを特定するシステムのプログラム作成やテストに注力。オプション価格が掲示されたタイミングで、いかに電子的にその価値を読み取るかが最大の課題となった。
1982年
  • ティンバー・ヒル社(Timber Hill Inc.)が創設される。設立当初はアメリカン証券取引所(AMEX)にて株式オプションを取引しており、Spear,Leeds&Kellogg(スピア・リーズ・アンド・ケロッグ)を通じて決済を行っていた。トレーダーは、ペアとプライスを特定するための指示を電話で受けていた。
1983年
  • ティンバー・ヒル(Timber Hill)が、はじめて小型トレーディング端末を作成する。ポジション情報の取得や1銘柄オプションの再計算を高速に行う機能により、ティンバー・ヒルのトレーダーは取引所の顧客に対し優位性をもたらしていた。それにより顧客は1日から2日にたった1度だけアップデートするだけで、プライシングシート上でフェアバリュープライシングを繰り返しすることができた。

  • ティンバー・ヒル(Timber Hill)はフィラデルフィア株式取引所で取引を開始。

  • ティンバー・ヒル(Timber Hill)の従業員は12人まで拡大。
1984年
  • ティンバー・ヒル(Timber Hill)は電子化された株式指数先物・オプションのトレーディング・システムのプログラミングに着手する。

  • ティンバー・ヒル(Timber Hill)はオプション清算会社(OCC)の会員となる。
1985年
  • 2月には、ティンバー・ヒル(Timber Hill)の新コンピューター・システムとネットワークがオンライン化され、電子トレーディングの先導的役割を担う。同システムにより、ティンバー・ヒル(Timber Hill)は国内の様々な場所で行われている株式デリバティブのポートフォリオについて、中心となってプライシングやリスク管理を行うことが可能となる。

  • ティンバー・ヒル(Timber Hill)はニューヨーク先物取引所の会員になる。

  • ティンバー・ヒル(Timber Hill)がシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)、シカゴ商品取引所、シカゴ・オプション取引所で取引を開始。
1986年
  • ティンバー・ヒル(Timber Hill)がパシフィック証券取引所およびニューヨーク証券取引所(NYSE)のオプション部門の会員となる。

  • SUNワークステーション・ネットワーク稼働を目的としたトレーディング・システムの再プログラミングが施行される。

  • 同社のトレーダーが新システムを用いて、同年ROE430%を達成。
1987年
  • ティンバー・ヒル(Timber Hill)は、株式において自己清算になり、米国証券取引所決済機関と証券預託機関に加入。

  • 株式相場の下落により、ティンバー・ヒル(Timber Hill)を含めたクリアリングハウス間でクロスマージンを行うという主要な考え方が優勢となった(クロスマージンは数年後に実現)。

  • ティンバー・ヒル(Timber Hill)の従業員が67人まで拡大。
1989年
  • ティンバー・ヒル(Timber Hill)がシカゴ・マーカンタイル取引所の清算参加者となる。
1990年
  • ドイツにてティンバー・ヒル・ドイツ(Timber Hill Deutschland GmbH)が法人化され、その直後にドイツ先物取引所(現ユーレックス)で株式デリバティブの取引を開始。電子取引市場において、今回が初めてのティンバー・ヒル取引システムの適用となった。

  • ティンバー・ヒル(Timber Hill)はドイツ先物取引所で主導的なマーケットメイカーの役割を果たし、取引量(出来高)は10%を超える。
1992年
  • ティンバー・ヒル(Timber Hill) は欧州での取引について、もう1つの電子取引市場であるスイス・オプション金融先物取引所(SOFFEX)まで拡大。

  • ティンバー・ヒル(Timber Hill)の従業員は142人に拡大。
1993年
  • ティンバー・ヒル・ヨーロッパAG(Timber Hill Europe AG)はスイスに併合され、グループのSOFFEXでの取引を引き継ぐ。

  • 米国におけるティンバー・ヒル(Timber Hill)のフロアトレーダーが、市販の小型コンピューターを取引所の立会所で用いることで、無線にて会社の主要なプライシングシステムにアクセスすることが可能となる。また、トレーダーは小型パソコンを用いることで電子的なトレード・チケットを作成することが可能になる。

  • インタラクティブ・ブローカーズInc.(Interactive Brokers Inc.:現IB LLC)が米ブローカーディーラーとして設立され、ティンバー・ヒル(Timber Hill)の大陸間における巨大な電子ネットワークおよび取引執行サービスを構築、顧客向けに同サービスの提供が可能となる。
1994年
  • ティンバー・ヒル・ヨーロッパ(Timber Hill Europe)は、オランダにある欧州オプション取引所、スウェーデンOM取引所(電子取引所)、英ロンドン国際金融先物・オプション取引所(LIFFE)での取引を開始する。

  • ティンバー・ヒル・ドイツ(Timber Hill Deutschland)が、ベルギー先物・オプション電子取引所の会員となる。

  • IBLLCがNYSEの会員になり、電子的なオーダールーティングシステムのスーパードットを通じ、株式取引の執行を開始する。

  • IBLLCはNYSEの上位10のプログラム・トレーダーとして、定期的に名を連ねる。

  • ティンバー・ヒルUK Ltd.(Timber Hill UK Limited)が設立される。その直後、LIFFEのティンバー・ヒルのトレーディングはティンバー・ヒルUK(Timber Hill UK)により引き継がれる。

  • ティンバー・ヒル香港(Timber Hill Hong Kong Limited)が設立される。

  • ティンバー・ヒル(Timber Hill)の事業会社全部についてのホールディング化を行い、ティンバー・ヒル・グループLLC(The Timber Hill Group LLC)となる。
1995年
  • ティンバー・ヒル・フランスS.A.(Timber Hill France S.A.)が設立され、パリ取引株式オプション市場とパリ金融先物取引所で値付け業務を開始する。

  • ティンバー・ヒル香港(Timber Hill Hong Kong)が香港先物取引所にて値付け業務を開始。

  • ティンバー・ヒル・ヨーロッパ(Timber Hill Hong Europe)がイタリアの Mercato Italiano FuturesとスペインのMeff Renta Variable のマーケットまで活動の幅を拡大。

  • IB LLCが、カスタマー・ワークステーションを開発する。これを通じて、プロ・カスタマーは世界各国の取引所へアクセスすることが可能になる。

  • IB LLCがパブリック・カスタマーに対する初の取引を執行する。
1996年
  • ティンバー・ヒル(Timber Hill)は、取り扱う株式数を倍増させ、800以上まで増やした。

  • ティンバー・ヒル証券香港(Timber Hill Securities Hong Kong Limited)を設立し、香港証券取引所で取引を開始。
1997年
  • 香港先物取引所が電子取引市場において株価指数先物を上場した。ティンバー・ヒル香港(Timber Hill Hong Kong)は唯一の責任を持つマーケットメイカーだった。

  • ティンバー・ヒル・オーストラリア(Timber Hill Australia Pty Limited)がオーストラリアにて設立される。

  • ティンバー・ヒル・ヨーロッパ(Timber Hill Europe)はノルウェーで取引を開始、オーストリア・デリバティブ取引所の会員となる。

  • ティンバー・ヒル(Timber Hill)の力強いサポートを受け、S&P500 E-mini先物が米国での初めての電子市場となり、これまで導入された先物取引のなかで最も成功している。

  • ティンバー・ヒル・グループ(Timber Hill Group)は当時、60,000のビットとオファーを出す。

  • ティンバー・ヒル(Timber Hill)は、世界中に上場された株式デリバティブにおいて日次ベースの取引高のちょうど5%弱(15,000取引)を占める。ティンバー・ヒルの従業員は284人まで拡大。
1998年
  • IBがS&P先物を取引するためにGlobexに直接アクセスするリテール顧客向けに対し、オンライン清算業務を開始。

  • ティンバー・ヒル・カナダ(Timber Hill Canada)が創設された。
1999年
  • IBは複数の上場株式オプションのためのリンケージ “ スマートルーティング ” を提供。

  • IBシステムを通じ株式および株式デリバティブ取引を行う顧客向けに対し、オンライン清算取引を開始。
2000年
  • 当時、取引所で取引されている株式オプションと株価指数先物の世界的な日次ベース取引高の平均6%以上が、ティンバー・ヒル/IBを通して取引された。

  • IB LLCは同年、顧客が約500%増加した。

  • ティンバー・ヒルはISE(国際証券取引所:初の完全に電子化された米国オプション取引所)でプライマリー・マーケットメイカーとなる。

  • 英国インタラクティブ・ブローカーズ(Interactive Brokers (U.K.) Limited)が設立された。
2001年
  • ティンバー・ヒル・グループLLC(The Timber Hill Group LLC)の社名がインタラクティブ・ブローカーズ・グループLLCに変更される。

  • グループの電子仲介業務とマーケットメイキングを合わせた取引高は、当時200,000(日時ベース)を超える。

  • S&Pはティンバー・ヒルLLC(Timber Hill Group LLC)について投資適格格付けを付与。詳細についてはhttp://www.standardandpoors.comをご覧ください。
2002年
  • インタラクティブ・ブローカーズ、モントリオール証券取引所、ボストン証券取引所が、ボストンオプション取引所(BOX)を設立するために協力関係を成立させることを発表。

  • ティンバー・ヒル(Timber Hill)が日本で電子的なマーケットメイキングを開始。

  • インタラクティブ・ブローカーズ(Interactive Brokers)が顧客にひとつの口座で、世界中の株式、オプション、先物、上場投資信託を取引することができるIBユニバーサルアカウントSMを提供する。

  • インタラクティブ・ブローカーズ(Interactive Brokers)が投資顧問に対し、複数のクライアントの資金管理することができるように、分別管理口座を開設することができるようにする。

  • 顧客や第三者デベロッパーがIB取引システムと直接つなぐことが可能なアプリケーション・プログラム・インターフェース(API)が導入される。

  • 場所を問わずどこでも取引可能なモバイル・トレーダーがIBの顧客向けにローンチされる。

  • ティンバー・ヒル(Timber Hill)は新しく導入された米国個別株先物の主要なマーケットメイカーとなる。
2003年
  • インタラクティブ・ブローカーズ・グループ(Interactive Brokers Group)は世界中の上場株式および株価指数オプションの約12%の取引を行う。

  • インタラクティブ・ブローカーズ(Interactive Brokers)が、カナダ株式・株式/指数オプション・先物、イタリア先物オプション・先物、ドイツ株式オプション、日本指数オプション・先物、オランダ指数オプション・先物、イギリス株式オプション、ベルギー指数オプション・先物を含む決済、執行サービスを拡張する。
2004年
  • インタラクティブ・ブローカーズ(Interactive Brokers)は、債券取引ダイレクトアクセス、外国為替、シンガポール先物、ドイツワラント、フランス/オランダ株式・オプション、CBOE先物取引所、フランクフルト/シュトゥトガルト取引所で行われる取引の取り扱いを開始する。当社の市場間取引スプレッドルーターがスプレッド注文の各区間において、全ての取引所にわたり最適価格を検索する。トレーダー・ワークステーションの新リリース、リアルタイム・チャート、スキャナー、ファンダメンタルズ分析、ブックトレーダー、オプショントレーダー、顧問口座割り当てを含むアカウント・マネジメント・プラットフォームのアップグレードを行った。

  • S&Pはインタラクティブ・ブローカーズ・グループLLC(Interactive Brokers Group LLC.)に対し投資適格格付けを付与。S&Pについての詳しい情報はhttp://www.standardandpoors.comをご覧ください。
2005年
  • IBが バロンズのオンラインブローカーで低コストのブローカー第1位に選ばれる。.

  • インスティテューショナル・インベスターにて、IBGが米証券会社で16番目に大きい会社としてランク・インを果たす。

  • インタラクティブ・ブローカーズ・グループ(Interactive Brokers Group)が、世界のオプション市場で頻繁に取引が行われているもののうちの16%以上を執行した。

  • 複数の銀行から取得した為替呼び値をトレーダーに対し1つのタイトな合成呼値として表示するIDEALPROがローンチされる。
2006年
  • IBオプションインテリジェント・レポートがローンチされた。このレポートは投資家の目線を、トレード対象若しくはオプションマーケットの不確実性の大きさの変化に対する今までと違った視点を提供する。

  • インタラクティブ・ブローカーズ・グループ(Interactive Brokers Group)は、ワンシカゴ、ISE株式取引所、シカゴ・オプション取引所に出資した結果、さらなる革新を遂げる。

  • インタラクティブ・ブローカーズはペニー・プライスド・オプションズ(penny-priced options)の提供を初めて開始したことにより、同業界において更なる飛躍を遂げる。
2007年
  • インタラクティブ・ブローカーズ・グループ(Interactive Brokers Group, Inc.)は5月3日、一株あたり30.01ドルで40,000,000株の公募を行った。この発行によりインタラクティブ・ブローカーズLLCに対し約10%の利益配当を行った。LLCのメンバーは向こう7年間毎に追加の12.5%の利益配当で売却権利を持つ。会社の支配構造については同ページ下のチャートからご覧ください。

  • リアルタイム・ポートフォリオ・マージン・プラットフォーム(A real-time Portfolio Margin platform)が紹介されたことにより、顧客は安全性を高めた複数商品の取引を行うことができるようになった。

  • EFP(Exchange For Physicals)がローンチされ、それまでランダムに決められていたブローカーレートからAAA格を取得したファイナンシングに取って代わることのできるマーケットを顧客に提供する。

  • 監査サービスを提供する第三者機関のトランザクション・オーディット・グループは、IBの顧客の株式オプションの発注が当時時点で14.85%増加したことを示した。これに対し業界の成長率は0.57%であった。
2008年
  • IBのリスク・ナビゲーターSM(IB Risk NavigatorSM:顧客向けリアルタイム・マーケットリスク・マネジメント・プラットフォーム―世界中の様々なアセットクラスのリスクデータが統合されたもの―が顧客向けにローンチされた。

  • インタラクティブ・ブローカーズ(Interactive Brokers)はメキシコ株式/オプション/先物、スペイン株式、米国トレジャリー/短期・中期国債、オーストラリアCFD、米投資信託(手数料なし)を取引取扱商品に追加。

  • トレーディング・アルゴリズムの完全統合したものをトレーダー・ワークステーションに導入した。そのなかには業界初のAccumulate-Distribute Algo(一時的な流動性不足に対し、トレーダーが優位になるもの)を含む。
2009年
  • バロンズ誌によれば、インタラクティブ・ブローカーズ(Interactive Brokers)は引き続き “ 投資家にとって最も低コストなブローカー ”としてのポジションを有しており、五年連続でナンバー1の低コスト・ブローカーとしてのランキングを維持している。

  • iPhone端末用の無料iTWS取引アプリケーション TMが顧客向けにローンチされ、これにより顧客以外でもリアルタイムの為替相場にアクセスし、Eメールによるプライスのリアルタイムアラート、遅延市場データ、チャート、スキャナーなどが無料で使用可能になる。

  • インタラクティブ・ブローカーズ(Interactive Brokers)は、ポートフォリオ・アナリスト(自己が保有するポートフォリオ・パフォーマンスの評価を行い、80のメジャーなベンチマークと比較し自身のパフォーマンスを評価するオンラインツール)をリリースする。

  • インタラクティブ・ブローカーズ(Interactive Brokers)がTWS to AQS®を通し、電子マーケットへのアクセスを提供。これは業界において初めて自動化されたものであり、Stock Borrow and Loan取引(株式の借りとローン取引)について電子的な集中清算の場を提供したものである。

  • インタラクティブ・ブローカーズ(Interactive Brokers)がインド居住者および非居住者(NRIs)向けに対し、NSEを含む80以上の取引所での取引のサポートを行う。
2010年
  • 米国コーポレート債の精査や地方債に対するサポート機能が搭載された債券取引に対する高度なサポートツールがトレーダー・ワークステーションに追加された。

  • S&Pは、IB LLCの健全な財務体質を理由に同社のスタンドアローン格付け“ A-/A-2 アウトルック「安定的」 ”を付与。

  • 2010 TAG statisticsはIBが引き続き米国株式およびオプション価格の向上に尽力しているトップ企業であるとしている。

  • インタラクティブ・ブローカーズ(Interactive Brokers)は1株あたり1.79米ドルの特別配当金の支払い(税引前総額で約10億米ドル)を行ったものの、連結ベースの自己資本は引き続き40億米ドル超を維持した。
2011年
  • IBIS(IBインフォメーションサービス)、Capital Introduction for hedge funds(ヘッジファンドのためのキャピタル・イントロダクション)、Stock Yield Enhancement(ストック・イールド・エンハンスメント)、i Pad用モバイルTWSがリリースされた。

  • インタラクティブ・ブローカーズ(Interactive Brokers)はオンライン証券で最大手となる(取引に基づく日次平均収益ベース)。