IBKRニュース

IBニュース


アナウンスメント 参照先 日時
CFD取引におけるロールオーバーの処理方法の変更について
IBSJでご提供中のCFD取引において、2018年7月27日の取引時間終了後より、ロールオーバーの処理方法を変更致します。 従前はロールオーバー時に金利調整額、配当金調整額、借入金利の計算に加えて、保有建玉の評価損益を日々の値洗いにより実現させ現金化しておりましたが、2018年7月28日より評価損益額の支払いを停止致します。 本変更に伴い、2018年7月27日の終値にて反対売買を行い、損益額が実現されます。以降の証拠金計算は当該建値を元に算出することとなります。変更につきましてご理解を頂きまして、引き続き証拠金管理についてご留意頂きますようお願い致します。
改定版及び改定前 7-27-2018
国内口座先物・オプション取引口座設定約諾書改定のお知らせ
2018年2月13日(火)付けで「先物・オプション取引口座設定約諾書」の改定がございます。お取引いただいているお客様におかれましては、改定後の書面を右記リンクよりご確認ください。
改定版及び新旧対照表 2-13-2018
2018年2月9日の日本国内全デリバティブ取引の夜間取引はございません
次期清算システム稼働予定日前営業日における全デリバティブ夜間取引の停止について株式会社日本証券クリアリング機構の次期清算システムの稼働予定日の前営業日である2018年2月9日の夜間取引(取引日:2018年2月13日)は、全デリバティブ取引を停止しますので、ご留意ください。
1-31-2018
弊社では日本居住のお客様へのビットコイン先物(CBOE/CME)のサービスは現在行っておりません。
弊社では日本居住者のお客様へのビットコイン先物(CBOE/CME)のサービスは現在行っておりません。当該商品のサービスを開始する際には、こちらのヘッドライン上にその旨掲載させて頂きます。
12-01-2017
ペニーストック(ピンクシート市場での上場株式)の取り扱いについて
弊社ではペニーストック(ピンクシート市場での上場株式)について、取引できない銘柄がございます。ペニーストックは発行会社の財務体質が不安定であり、市場での流動性が低い等のことから、値動きが激しく高いリスクが高い商品です。そのため、商品リスクを十分にご理解頂く必要があり、取引経験が無い場合等、適合性に鑑み、口座開設をお断りさせて頂く場合がございます。
12-01-2017
信用取引はできますか? 
IBSJ口座(日本口座)では、信用取引はご提供しておりません。しかし、IBSJでは、信用取引以上の経済効果が得られる商品の開発に長年取り組んできました。そしてついに、信用取引以上のレバレッジ率で、現物株同様の取引を実現しました! インタラクティブ・ブローカーズ証券が提供する画期的な日本株CFD、その詳細をぜひご確認ください!
詳細ページ 12-01-2015
ドイツEUREX市場にてMini-DAX先物が上場開始されました
ドイツEUREX市場ではMini-DAX先物の提供が開始されました。弊社IBLLC口座を介しましてDAX先物(ラージ)と併せてご利用頂けます。商品の詳細につきましては下記市場ウェブサイトをご確認下さい。
詳細ページ 10-28-2015
米国Eトレード証券からの株式移管方法につきまして
インタラクティブ・ブローカーズにお口座をお持ちでないお客様は、下記リンクより、まずお口座開設をお願い致します。その際、居住国は、日本をお選び頂き、お申し込み書の途中でIBLLC 口座(海外商品取引口座)をご選択頂き、お申し込み書を完了させて下さい。
注意)日本株等、日本上場商品を保有されている場合は、別途IBSJ 口座(日本国内口座)のご 開設も必要となりますのでご注意ください。 お申し込みには、1 週間から10日かかります。本件に関し、ご不明な点がございましたら東京カスタマーサービスまでご連絡ください。 03-4588-9700(平日08:30-17:30)

お申し込み開始リンク
必要提出書類一覧

個人口座必要書類
法人口座必要書類
詳細ページ 6-25-2015
スイスフランの急騰による弊社への影響の声明
2015年1月16日、コネチカット州グリニッチ、インタラクティブ・ブローカーズグループ(NASDAQGS: IBKR)は、先日のスイスフラン(CHF)の急激な変動により、複数の顧客口座に預託額以上の損失が発生したことをお知らせします。未収金の合計はおおよそ1 億2 千万ドル(USD 120million) となり、その額はでIB グループ純資産の2.5%以下になります。
詳細ページ 1-16-2015
大証日経225の「GTC」及び「GTD」によるSTP(逆指値)注文の取扱いについて
大証の日経225先物及びオプションを発注される際の「GTC(Good Till Cancel)」及び「GTD(Good till Date)」によるSTP(逆指値)注文は、市場側ではサポートしていないためにご利用いただくことが出来ませんでしたが、弊社のシミュレーションにより、該当注文を自動的に「DAY」注文に置き換えることで、日々市場に出し直す形でのサポートを開始致しました。なお、GTC/GTD + STPLMTの組み合わせにつきましては、市場ネイティブのままのご提供となります。
詳細ページ 3-17-2014
大証日経225のGTC注文に関するお知らせ
大証の日経225先物及びオプションを発注される際に選択可能な注文の有効期限である「GTC(Good Till Cancel)」及び「GTD(Good till Date)」を市場ネイティブの形式に変更致しました。以前の形式では弊社システムにより「GTC」をシュミレートしており、弊社システムにて未約定の GTCまたはGTD注文を翌日市場へ出し直すことを行ってまいりましたが、市場ネイティブの「GTC」及び「GTD」が利用可能となりましたので日を越し た場合でも市場で有効なまま保持されこととなります。
尚、市場ネイティブの「GTC」及び「GTD」では、STP(逆指値)との組み合わせをサポートしておりませんので注文が発注後にキャンセルとなりますの でご注意ください。なお、「GTC」または「GTD」+ STPLMTの組み合わせはサポートされております。有効な有効期限及び注文タイプの組み合わせにつきましては、取引所のリンク先をご確認ください。
詳細ページ 1-6-2014